ZAGOO

正しく座るという「運動」で体幹を鍛える

背すじを伸ばし、きちんとした姿勢で座るには、腹筋や背筋など筋肉の働きが必要になります。
正しい姿勢を維持することで運動効果があることが実証されています。

スポーツジムなどへ行く時間がなくとも、正しく座るだけでデスクワークや日常生活での座っている時間をエクササイズに変えることができる。

ZAGOOは骨盤を調整することでそんな正しい座り方をサポートし、体に覚えさせる自転車の補助輪のような器具です。

ZAGOOの効果

座っている間中、骨盤を正しい角度にキープします。骨盤が整うことで、背骨は理想的なS字カーブを描き、体に無理のない姿勢を維持することが可能となります。

また、体に正しい骨盤の角度を覚えさせることで、ZAGOOを使用せずとも正しい骨盤の角度で座れるようになります。

骨盤の修正ポイント(原因と主な関連症状)

骨盤の前後の傾き

原因

骨盤の正しい角度を知らない、座っている時間が長い など

症状

円背(ねこ背)、腰痛、椎間板ヘルニア、便秘・下痢、首肩のコリ・痛み など

骨盤の左右の傾き(左右の骨盤の高さが違う)

原因

片脚荷重で立つ、横座り、足組み、ひじ掛けへの寄りかかり など

症状

腰痛、股関節痛、膝痛、生理痛、身体の傾きによる首・肩・背中の不調 など

骨盤の関節のねじれ(仙骨と腸骨の関節がねじれた状態)

原因

片脚荷重で立つ、きき足、横座り、脚組み など

症状

腰痛、股関節痛、膝痛、生理痛 など

精神科医・禅宗僧侶 川野泰周(かわのたいしゅう)先生のご意見

日常において、ZAGOOを使用しております。床坐(ゆかざ)との相性もとても良いと感じます。背板の適度な硬さがしっかりとした腰の伸びをもたらしてくれるものと思いました。その結果、自然に胸が開いた状態となり、呼吸が楽になることを実感。それは深い呼吸、即ち精神の安定をもたらす副交感神経優位の状態を自然に体現することへとつながると思われます。江戸時代の白隠禅師の引用から、脊梁骨(せきりょうこつ)を竪起(じゅき)することの大切さについて修行僧に説いてこられたことがよく分かります。修行僧のみならず、一般の全ての人にとりまして腰の立った凛とした姿勢は心身を健やかに保つ秘訣たるものであると確信しております。

ZAGOOの仕様

リブ(全面に施された波)

坐骨にリブをフィットさせることでグリップ力を向上、座る際の負担を軽減します。個人により坐骨の形状は違うため、波幅を小さく設計しています。

ブレード(全面立ち上がり部)

着座時の坐骨の前滑りを止めることができます。

① ZAGOOの突起が骨盤を前にズレないように支える
② 背もたれが骨盤を後ろに傾かないように支える
③ 左右の坐骨と腸骨に均等に体重がかかる

→その結果、骨盤を理想的な角度に保ちます

ZAGOO 製品情報

定価 15,000円(税抜)
セット内容 ZAGOO本体×1、シェル×1
素材 本体:シリコン
シェル:スチール
サイズ 本体:W255 × H15 × D155 mm
シェル:W248 × H190 × D170 mm